ラッピング

慣れると1分以内でできる☆本屋さんがやってる本のラッピング方法!

 

こんにちは、この記事では包装紙で簡単に本をラッピングする方法をお伝えします。

本屋さんやデパートなどでも一般的に行われている本の包み方なので、誰かにちょっとした贈り物を渡す時などにも便利ですよ♪

 

コツをつかむまでは少し練習が必要かもしれませんが、慣れるとササっと1分くらいでできる便利なラッピング方法です!

 

自分で本をラッピングできると、何かと便利♪

「贈り物用として書店で本を買ったのに、うっかりラッピングしてもらうのを忘れちゃった…!」

「自分の子どもが大きくなって読まなくなった絵本を近所の小さなお子さんに譲ろうかな…?」

 

そんな時に自宅でササっとラッピングできるととっても楽ちんですよ。

 

本をもらう側も、やはりラッピングされている方が喜んでもらえることが多いです。

 

最低限の大きさの包装紙でできるので、手の込んだラッピングや市販のラッピング用の袋などよりリーズナブルに済むのもちょっと嬉しいポイント☆

 

それでも仕上がりはきちんとキレイなのでとても便利なラッピング方法です。

<用意するもの>

・ラッピングする本

・包装紙

・ハサミ(カッターでもOK)

・テープ

 

どんな大きさや厚みのある本も、今回ご紹介する方法でラッピングできます。

包装用紙についても基本的に好きなものでOK!

 

無地のもの、柄のあるのもの、和紙素材のものなど、好きなデザインの紙を選んでみてください。

ただ、硬すぎる包装紙だと少し難しいのでご注意ください。

 

本のラッピングの仕方

1.まずは包装紙を最適な大きさに切るところからです。

本の角の3つがラッピング用紙におさまるよう、左下に斜めに置きます。

 

2.包装紙の右上部分を左下に持ってきて、本がすっぽり隠れればOK!

 

3.今回は少し隠れすぎているので、写真くらいのサイズ感になるように右側を少しカットしました。

 

4.ではいよいよラッピング開始!

包装紙の左下を本に合わせてさんかくに折ります。

※写真撮影のために包装紙の四隅に重しを置いていますが実際は必要ありません。

 

5.横側も本の厚み、形に合わせて折ります。

 

6.そのまま本に向けて、包装紙の左側を折ります。

 

7.包装紙が重なった部分をテープで止めます。

 

8.次に本の右上部分に包装紙を合わせ、折り目の方向性を作っていきます。

 

9.そのまま本を奥側にひっくり返します。

 

10.本の右下部分にも包装紙を合わせていきます。

 

11.本に合わせて包装紙を折ります。

 

12.包装紙の端を少し内側に折り込みます。

 

13.包装紙が重なっている部分の上側でテープで止めます。

 

  1. 本の上下を反対にして、左下部分も本に合わせて包装紙を折り曲げます。

 

15.右下部分も本に合わせて折ります。

 

16.包装紙の端を写真のようにバランスをとって内側に折り込みます。

左右対称のさんかくになるとキレイに仕上がります。

 

17.さんかくの上部分もバランスをとって内側に折り込みます。

 

18.17で折った部分をテープで止めたら完成です!

 

リボンやシールでより華やかに!

包装紙でラッピングするだけだと物足りないという方は、リボンやシールでデコレーションするとさらに華やかな仕上がりになります。

贈る本や贈る相手の好みに合わせて、デザインをいろいろ考えるのも楽しいですよ。

 

そして実はこのラッピング方法は本以外にも、ポストカード、お菓子の箱、ぬいぐるみなど、どんなものでも包めるので、

やり方を覚えておいて損はありません…!

 

また、慣れてしまえば簡単ですが、はじめは少し難しいかもしれないので私物の本と新聞紙などで練習してみることをおススメします。

 

「角がピッタリ包めているとキレイに仕上がる」

「折り曲げる時のしわの角度がポイントね」

など、体感で覚えていくのが手っ取り早いです。

こちらも、どうぞ

簡単5分!飛び出すメッセージカードの作り方

小学生でも簡単に作れる!画用紙でつくる手作りメッセージカードのつくり方

簡単!布でつくるオリジナルブックカバーの作り方!

本のラッピング方法のまとめ

以上、本のラッピング方法をご紹介しました。

本を包むには他にも様々な方法がありますが、慣れると1分程度でササっとできるという意味では

今回ご紹介したものが1番楽ちんなやり方かな?と思います。

 

それでも仕上がりは結構キレイなので機会があれば挑戦してみてください!

-ラッピング

© 2021 できルンです Powered by AFFINGER5