ハーバリウム

100均の材料だけで作れる!ハーバリウムボールペン

今回ご紹介するのは、ここ数年人気が高まっている「ハーバリウム」のボールペンの作り方です。

 

ハーバリウムとは元々「植物標本」を意味するもので、専用オイルに浸けて植物を保存し、押し花とは違って裏側も観察できるようになっています。

 

標本としての役割から、インテリアにも活用されるなんて、とても面白いですね。

オイルに浮かぶお花を見ていると何だか癒されます。

 

そんな素敵なハーバリウムを、ボールペンにデザインしていきますよ。

それでは一緒に作っていきましょう。

 

100円ショップの材料で!オリジナルのハーバリウムボールペンが作れちゃいます!

 

  • ピンセット ※なければ竹ぐしで代用
  • スポイト
  • 汚れてもいいタオル、布巾 ※オイルを拭き取ったり、こぼれた時にあると安心です。
  • 新聞紙など、テーブルにオイルが付かないように敷くもの
  • ハサミ
  • プラスチックに使える接着剤

 

  • ハーバリウムボールペンの本体
  • ハーバリウムオイル
  • ドライフラワー ※なるべく小さいお花を選びましょう。

 

 

 

100円ショップの材料で作る「ハーバリウムボールペン」

 

  1. ボールペン本体の透明ケースに合うように全体のレイアウト、入れる順番を決めて、花材をハサミで切ります。
  2. ピンセットや竹ぐしを使って、花材を1つ、ケースに入れ、同じ高さ位までオイルを注ぎます。
  3. 2.を繰り返します。
    ※花材、オイルと交互に入れることで、なるべく気泡が入らないようにします。
  4. もし気泡ができたら、スポイトで取り除き、付属の中栓をしっかりと押し込みます。
    この時、オイルがあふれる位入れておかないと、気泡ができてしまうので、汚れてもいいタオルを手元において作業してくださいね。
  5. 透明ケースと持ち手は外れやすいので、接着剤で固定しておく事をおすすめします。
  6. 完成しました!

こちらも、どうぞ

子供と親子で楽しめる!手作りプラバンキーホールダーの作り方

おすすめの使い道も紹介します!片手でぱっと開くバネ口ポーチの作り方

100均のファスナーで作れる裏地付き平ポーチ作り方

いつもの文房具がキラキラで素敵!ハーバリウムボールペン

 

お仕事柄、例えば保育や介護に携わっている方ですと、爪は短くととのえてアクセサリーも付けない、という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな中、普段使う文房具がキラキラしてる、しかも自分で作ったオリジナル!

なんて、日常がちょっぴり嬉しくなるかも知れませんね。

 

まとめ

今回ご紹介しましたハーバリウムボールペン。

始めは瓶に入ったハーバリウムで、主に室内のインテリアとして販売されていました。

 

その人気が高まるにつれアクセサリーや文房具としても取り入れられるようになりました。

更に100円ショップでも取り扱われるようになり...とどんどん身近なアイテムになってきています。

 

ボールペンですと材料も少しでできますし、初めて作る方にもピッタリだと思います。

数百円で試しに作れるというのも嬉しいですね!

 

それでは、素敵なハーバリウムボールペン作り、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

-ハーバリウム

© 2021 できルンです Powered by AFFINGER5