手芸

型紙がいらない!手縫いですぐに作れる簡単立体布マスク

まだまだ必要布マスク!簡単な立体布マスクはすぐに作れます!

コロナの流行でマスクは必需品ですね。

一時期はマスクが品薄で買うのも大変でした。

 

現在は落ち着きましたが、それでもまだまだマスクを手放せない日々は続きそうです。

 

どうしても付けなくてはならないなら、せめて自分のお気に入りのマスクにしたいですよね。

 

私はとても皮膚が弱いのでどうしても布マスクでなくては駄目なんです

 

そこでいくつかの作り方を試してみました。

その中でも簡単でしかも使い心地の良い手縫いのマスクをご紹介しましょう。

 

 

手縫いですぐに作れる簡単立体布マスク

 

型紙のいらない手縫いマスクなら、誰にでもすぐに作れます。

 

用意するもの

木綿の柔らかい布、ガーゼやさらしなど 30㎝×40㎝を1枚

100均にあるもので十分です。

マスク用あるいは細いゴム 25㎝2本

縫い糸と針

印付けようのチャコペン、普通の鉛筆で代用してもいいです。

ものさし

 

作り方

長い方の一片を中表に半分に折り、端から1㎝のところをなみ縫いで縫います。

(わかりやすいように赤い糸で縫っています。)

 

片側が全部縫えるとこのようになります。

 

表に返してアイロンをかけます。

 

表の両側にステッチをかけます。

外に出る部分なのでできるだけ細かい目で縫うといいですね。

 

両側を縫い終わるとこのようになります。

 

両側を4㎝ずつ折り返し写真のようにしるしをつけます。

しるしは、内側は端から6㎝のところ、外側は端から5㎝のところになります。

 

外側のしるしと内側のしるしを合わせてまち針で止めます。

 

まち針を指したままで、布の端を1㎝内側に折り返します。

 

もう一度折り返して三つ折りにします。

 

三つ折りにした部分を縫います。

しっかりと縫うために、表側から一目ずつ半返し縫いで縫い止めます。

特に布が厚くなっているところはできるだけ細かい目で縫います。

 

片側を縫い終わるとこのようになります。

 

同じようにもう一方の端も縫い終わったところです。

 

両端にゴムを通して結び、結び目は中に引き入れて処理します。

 

ふわっと膨らんだ立体マスクができました。

 

タックが上下についているので顔にフィットし、メガネの曇りもかなり防げます。

 

型紙作りがいらないので、立体マスクの中ではとても作りやすいです。

 

 

たくさん作ってファッショナブルに楽しみましょう

 

これなら手縫いで30分以内、ミシンを使えば15分でできます。

同じ作り方でも布を変えるとちょっと雰囲気が変わります。

 

いろいろなデザインの布でいくつも作って、

気分に合わせて、お洋服に合わせておしゃれをするのもいいですね。

 

 

まとめ

 

立体マスクは簡単に作れます。

型紙を使わずに一枚布を折ってタックを取って縫うだけです。

 

顔にフィットしメガネをかけても大丈夫です。

いろいろな布でご自分専用の手作りマスクを作ってみませんか?

 

 

-手芸

© 2021 できルンです Powered by AFFINGER5