段ボール工作

手作り工作!ダンボールでつくる「ビー玉転がし 」の作り方

こんにちは

今回はダンボールとビー玉があれば、あっという間にすぐできる。

ダンボールを利用した「ビー玉転がし」の作り方をご紹介します。

 

 

ダンボールとビー玉で簡単なビー玉転がしを作りましょう!

 

簡単な箱型のビー玉転がしはすぐに作れます。

 

用意するもの

ダンボール 20㎝×25㎝ 3枚

ビー玉 数個

薄いゼリーカップ 1個

 

ボンド

はさみ

カッター

印付けよう鉛筆

定規

カッティングボード なければ古い電話帳などで代用できます。

 

作り方

ダンボールにしるしをつけます

台紙は24㎝×20㎝

棒状のダンボール4㎝幅24㎝を4本

棒状3㎝幅24㎝を4本

棒状1㎝幅24㎝を4本

 

しるしに沿ってカッターでダンボールを切ります。

 

切り終わるとこのようになります。

 

図のように台紙にしるしをつけます。

 

しるしを付け終わったところです。

 

まず周りの枠を貼り付けます。

ボンドを多めに付けて4センチ幅のダンボールをしっかりと貼り付けます。

 

左の下だけはビー玉が出るように3㎝開けておきます。

角も動かないようにボンドで貼り付けます。

落ち着きが悪い時はセロテープで仮止めするといいでしょう。

 

しるしに沿ってボンドを塗り通路を貼り付けます。

 

3㎝幅のダンボールを貼り付けたところです。

 

次にボールが飛び出さないように通路に囲い用の1㎝のダンボールを貼ります。

通路の外側にボンドを十分に塗ります。

 

ボンドにしっかりと貼り付けるように囲い用のダンボールを貼り付けたところです。

全体がよく付くまで十分乾かします。

 

枠組みができたら、ゼリーカップのへりをはさみで4㎝切り取り、

ビー玉の出口にボンドで貼ります。

 

右上の枠に直径2㎝の丸い穴を開け、ビー玉入れ口を作ります。

 

出来上がりました。

 

ビー玉を入れて試運転しているところです。

ビー玉がスムーズに上から下まで転がれば大成功です!

 

切り口が多少不揃いでも問題ありません。

 

子どもたちはビー玉を次々に転がして遊ぶのが大好きです。

 

 

高度のビー玉転がしだって作れます

 

これはとても初歩的なビー玉転がしです。

 

慣れたら、階段状やらせん状のビー玉転がしも作れます。

ピタゴラスイッチのような複雑なビー玉転がしができたらいいですね。

 

 

まとめ

ダンボールのビー玉転がしは手軽に作れます。

ダンボールで枠を作ってビー玉が転がる坂を作るだけです。

 

ちょっと時間がある休日などに、

ダンボールのビー玉転がしを作ってみてはいかがでしょうか?

 

-段ボール工作

© 2021 できルンです Powered by AFFINGER5