おもちゃ

トイレットペーパーの芯を使って簡単に作れる!素敵な双眼鏡を作ろう!

 

子どもたちは工作が好きですね。

幼稚園や保育園では家庭で使ったお菓子の箱やトイレットペーパー、ティシュの箱などを集めています。

 

子どもたちはその中から自由に選んで持ってきて、それぞれ工夫を凝らした乗り物、動物、おもちゃなどを作っています。

 

子どもたちの発想は本当に素晴らしい!

 

でも「ママ、何を作ったらいいの?」と聞かれたら、どうしましょう?

そんな時、トイレットペーパーの芯を使った双眼鏡はどうでしょうか。

 

ここで、どこにでもあるトイレットペーペーの芯を使って簡単に作れる双眼鏡の作り方をご紹介致しましょう。

 

 

トイレットペーパーの芯と色紙があれば双眼鏡は簡単に作れます。

 

双眼鏡といっても難しいことはありません。

 

まず材料を揃えましょう。

トイレットペーパーの芯 2個

色紙 大3枚、飾り付け用小2~3枚

ひも 40㎝ お菓子箱についている細めのリボンやタコ糸でもいいです。

マスキングテープ 少々 なければビニールテープやセロファンテープでもいいです。

ホチキス

はさみ

のり

 

作り方

トイレットペーパーに色紙をのりで貼り付けます。

色紙の両端を筒の中に折り込んで仕上げます。

これを2本作ります。

 

一つ一つにアクセントの模様を付けます。

例えば、緑の帯やいろいろな色の丸や三角、四角を切り抜いてのりで貼り付けます。

 

アイデアはお子さんに任せましょう。

絵を描いてもいいですね。

 

2つの筒をぴったり付けて、ホチキスで内側を上下2か所止付けます。

 

仕上げにマスキングテープで補強し、両端にひもをホチキスで固定すれば出来上がりです。

 

これなら誰でも30分以内に作れます。

首から下げれば、船長さん!

 女の子なら、外を眺める観光客ですね。

 

こちらも、どうぞ

トイレットペーパー芯を使った工作!ぱっと咲くお花の作り方

紙コップからおばけが出る!10分でつくれる紙コップ工作おばけの作り方

紙コップを使った工作!ぴょんぴょんと動くカエルの作り方

応用もいろいろ

 

双眼鏡ができれば、ほかにもたくさんの物が作れます。

 

双眼鏡のレンズの部分にセロファンを貼り付ければ、サングラス風の双眼鏡、色が変わった別世界が楽しめます。

 

 

ひもは付けずに、二つ並べた筒の底に粘土を詰めれば、鉛筆立てにぴったり!

 

二つつながずに、色紙で模様を付けた筒を10本作れば、ボーリングのピンになりますよね。

 

トイレットペーパーの芯を2つつなぎ合わせて、色紙で覆えば、望遠鏡!

 

ピンク一色ではさみしいので、薬屋さんのおまけのシールを貼ったら、ちょっと豪華になりました。

 

レンズはないですが、気分は最高!

海賊遊びも盛り上がりそうです。

 

高価なレンズ付きの双眼鏡でなくても、子どもたちは楽しく遊べるものですね。

 

 

まとめ

 

トイレットペーペーの芯があれば、双眼鏡が作れます。

 

トイレットペーパーの芯を2つ並べて、ホチキスで止めてひもをつけるだけです。

 

色紙で模様を付けるとなお楽しいです。

 

お子さんと一緒に双眼鏡を作って、海賊ごっこもいいかもしれませんね。

-おもちゃ

© 2021 できルンです Powered by AFFINGER5