手芸

ダブルガーゼでつくる薄いスタイの作り方! 必要に応じて生地を3枚4枚にして作れます。

 

赤ちゃんは汚し屋さんですね。

 

よだれの多い赤ちゃんならスタイはいくつあっても足りないくらい!

 

単純なものでもスタイはそれなりの値段がしますよね。

 

それなら、いっそのこと自分で作ったらどうでしょう?

 

赤ちゃんのお昼寝中でもすぐできる手縫いのスタイの作り方をご紹介します。

 

 

手縫いでも簡単に作れるスタイ

 

わざわざミシンを出さなくても手縫いで十分に丈夫なスタイが作れます。

 

用意するもの

布 50㎝×30㎝ 木綿、ダブルガーゼ、さらしなど柔らかな生地がいいです。

縫い糸

マジックテープ 少々

刺繍糸 任意

 

作り方 

 

図を参考に型紙を作ります。

この型紙には縫い代も入っています。

首回りさえ間違えなければ全くこの通りでなくても大丈夫です。

 

布を中表に折って、型紙を写します。

 

型紙の通りに裁断するとこのようになります

 

縫い代は1㎝なので布の端から1㎝を目安になるべく細かい目で縫います。

(わかりやすいように赤い糸で縫っています。)

 

裏返すときのために、角は二度縫いしてしっかり縫います。

 

裏返すために一方の端を残してぐるりと縫うとこのようになります。

 

首のカーブの部分の縫い代に切れ目を入れて返しやすいようにします。

 

外側になるカーブにも切れ目を入れます。

 

角は小さく四角を切り取ります。

 

縫ってない方の端から表地を引き出します。

 

裏返してアイロンをかけるとこのようになります。

 

開いている方の端を1㎝中に折り返して縫い止めます。

 

2㎝ぐらいに切ったマジックテープを両端に縫い付けます。

 

両側が縫い終わるとこのようになります。

 

マジックテープを閉じるとこのような形になります。

 

余裕がある人は、さらに赤ちゃんのイニシャルを刺繍しましょう。

目立つ色の刺繍糸で、アウトラインステッチで刺しましょう。

 

ワンポイントの素敵なスタイができました。

こちらも、どうぞ

夏生まれの赤ちゃんに!ガーゼでつくる手作りのおくるみ

箱ティッシュをかさばらず持ち運べる簡単ポーチ!箱なしティッシュケースの作り方

洋裁を習ったことがない人でもすぐできるティアードスカートの作り方

応用もいろいろ

 

木綿ばかりでなく、夏場はタオル地もいいですね。

 

よだれの多い赤ちゃんなら、二枚重ねでは間に合いません。

 

必要に応じて生地を3枚4枚と重ねて作るといいでしょう。

 

私はお友達や知り合いで赤ちゃんが生まれると、スタイに赤ちゃんの名前を刺繍してプレゼントしています。

 

スタイはいくつあってもいい物なので、たいてい喜ばれます。

 

忙しいママでも、ほんの少しの時間があったら、かわいいお子さんのために手作りしてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

スタイは簡単に手作りできます。

 

柔らかい布を裁断して、ぐるりと周りを縫って表に返し、マジックテープをつけるだけです。

 

イニシャルを入れれば、お子さん専用のスタイの出来上がりです。

 

あなたもぜひチャレンジしてみてください。

 

 

-手芸

© 2021 できルンです Powered by AFFINGER5