手芸

簡単!布でつくるオリジナルブックカバーの作り方!

読書好きは人にとっては、本は友達のようなものですね。

カバンやバッグに入れて、いつも持ち歩きたい!

 

そんな時、素敵なブックカバーがあるといいですよね。

書店でも売っていますけれど、私だけのオリジナルブックカバーだったら、もっといいですね。

 

ここで、本好きな人のために簡単に作れる布製のブックカバーの作り方をご紹介しましょう。

 

あなたのやりたいことが見つかる!趣味のオンラインレッスン【CLASS101】

 

布製のブックカバーは簡単に作れます

 

布製ならば2か所を縫うだけで作れる簡単な方法があります。

 

まず用意するものはカバーをかけたい本、たとえば文庫本ならば、少し厚みをつければいろいろな本に使えます。

 

布 文庫本なら 45㎝×40㎝ぐらい 本が大きい時はもう少し必要です。

 

作り方

タテ15㎝、横11㎝、厚さ2㎝の本の場合、図を参考にして布を裁断します。

 

中側の布は、タテの長さ+3㎝ ヨコの長さの2倍+厚み+3㎝にします。

 

外側の布は、タテは同じで、ヨコの長さ+17㎝になります。

 

裁断するとこのようになります。

 

短い布の両側に折り返り分として1.5㎝のしるしをつけます。

 

長い方の布は両側に折り返し分として、1.5㎝のところと8.5㎝のところにしるしをつけます。

 

短い布を裏にしてしるしの通りに谷折りにします。

 

長い布を裏にして1.5㎝のしるしの通りに谷折りにします。

 

次に表に返して8.5㎝のしるしの通りにもう一度谷折りにします。

 

二度折りした長い布の上に裏にした短い布をのせて、まち針で止め、上下に1㎝の縫い代のしるしをつけます。

 

しるしの通りにミシンで縫います。

布が柔らかければ手縫いでもいいです。

 

縫いあがりました。

 

片側から、布を表に返します。

 

返すとこんな感じになります

 

さらに裏側になっている部分を表に返します。

 

両側を返し、角を目打ちでしっかり返すと出来上がりです。

 

本にかけるとぴったりサイズのブックカバーの完成です。

これなら縫いものが苦手な人でもすぐに作れますね。

こちらも、どうぞ

100均の材料だけで作れる!ハーバリウムボールペン

慣れると1分以内でできる☆本屋さんがやってる本のラッピング方法!

御朱印帳にしおりがあれば出したいページがすぐ開ける!三角しおりの作り方

ほかにも応用できます

 

特別お気に入りの本なら専用のカバーがいいですね。

 

文庫本を持ち歩くときに使うのなら、少し大きめに作って使いまわすのもいいです。

 

それにおすすめは手帳のカバーです。

 

100均の手帳でも、オリジナルカバーをかけるとちょっと立派なシステム手帳みたいになります。

 

ついでにペンホールダーも縫い付けておくと、ペンを探す必要がないのでとっても便利です。

 

まとめ

 

布製のブックカバーは簡単に作れます。

 

布を裁断して、折って重ねて二か所を縫うだけです。

 

本ばかりでなく手帳のカバーにもピッタリです。

 

本や手帳をいつもきれいにしておくには布製カバーが一番ですね。

 

あなたもぜひブックカバー作りに挑戦してみてください。

あなたのやりたいことが見つかる!趣味のオンラインレッスン【CLASS101】

 

 

-手芸

© 2021 できルンです Powered by AFFINGER5